大量発生したシロアリも駆除の流れを知っておけば怖くない

もうパニックにならない!羽アリやシロアリの簡単退治方法を知ろう

羽アリやシロアリは再発生の可能性あり!駆除後にやるべきことを知っておこう

羽アリが発生しやすい時期

羽アリは4月中下旬から5月下旬の間に出てくることが多いです。意外に思われるかもしれませんが、羽アリが人目に触れるのはこのわずか1か月ほどの間なのです。さらに、飛び立つなど活発に活動するのは午前中のみ。午後になるとほとんど活動しないという特徴があります。そのため、自宅に羽アリが発生していないかチェックするのであれば、4月中下旬から5月下旬の午前中に行なうのがよいでしょう。

羽アリやシロアリは定期的に予防する必要がある

シロアリは薬剤によって駆除することができます。駆除は完全にすることができますが、その後二度とシロアリが自宅に巣をつくらなくなるというわけではありません。ベイト工法には予防効果がないですし、バリア工法で使用する薬剤の予防効果には期限があります。予防効果のある薬剤でも、5年も経てば効果が薄れてくるでしょう。薬剤によって持続期間には差がありますが、だいたい5年を目安に予防処理をしてあげると再発防止に効果的です。

アフターサービスがあれば安心

羽アリやシロアリの駆除が完了したあと、不運にもまたすぐに侵入されてしまったという例は少なくありません。そのため、駆除業者を選ぶときにはアフターケアサービスのあるところを選んだ方がよいと言えるのです。例えば、駆除が完了したあとしばらくしてから、再発生していないか家屋調査を行なうことなどが挙げられます。もし、再発生してしまっていた場合には業者負担で再度駆除してもらうことができるので、業者を選ぶ際にはアフターケアの有無についてもよく確認しておきましょう。

TOPボタン