大量発生したシロアリも駆除の流れを知っておけば怖くない

もうパニックにならない!羽アリやシロアリの簡単退治方法を知ろう

最適なシロアリ駆除方法の選び方~特徴を知って正しく選ぼう~

羽アリの駆除方法の違いを知る

業者によるシロアリ駆除の方法は大きく分けて二種類。バリア工法とベイト工法というもので、それぞれに特徴があります。どちらの特徴もよく理解したうえで、最適な方を選択するようにしましょう。

ベイト工法

まず、ベイト工法から紹介していきましょう。これは比較的新しい工法で、薬剤の使用が少なく環境に優しい駆除方法です。シロアリが食いつきそうな場所にエサとなる餌木を埋設し、餌木を食べ始めたのを確認したところでシロアリを死滅させるベイト剤を投入します。ベイト剤をシロアリが食べれば、1ヶ月から3か月かけてゆっくりとシロアリが死滅していくのです。ただし、この方法はシロアリが活動しない冬の間は効率がよくありません。また、カンザイシロアリやヤマトシロアリに対しても駆除効果が薄いと言われています。

バリア工法

バリア工法は薬剤施工とも呼ばれています。薬剤を必要な箇所に散布していくというもので、シロアリの死滅と自宅への侵入を予防するという二つの効果を発揮してくれる方法です。バリア工法はベイト工法に比べて効果が出るのが早く、安価であるというメリットがあります。ただし、被害状況によっては壁に穴をあけて薬剤を注入する必要があることも。壁の穴あけや薬剤の散布に抵抗がないという方には、おすすめの方法です。

ペットを飼っている人はベイト工法がおすすめ

ペット

シロアリを駆除するためには、どうしても薬剤の使用が必要です。薬剤を使用するとなると心配になるのは、大切なペットへの影響ですよね。しかし、ベイト工法で使用するベイト剤は哺乳動物にほとんど害がないということが実証されているものです。まったく害がないというわけではないので、配置の工夫や口に入らないように十分注意することが必要ですが、それでもほかの薬剤を使用するよりも安心です。ペットを飼っているのであれば、ベイト工法の選択をおすすめします。

TOPボタン